グラウンドゴルフ

グランドゴルフを楽しもう!初心者向けの情報

 

グラウンドゴルフとはどんなスポーツ?グラウンドゴルフについて解説

 

大人のスポーツとして人気の高いゴルフですが、ルールが結構複雑であったり、真剣に始めると道具を揃えたり、コースのプレイ代や会員などにもなったりするとかなりのお金がかかったりします。

 

何よりコースを回るとかなりの体力が必要になったりすることから敷居の高いスポーツだといえます。

 

ですが、ボールを打ってゴールを目指すスポーツは何もゴルフだけではありません。

 

そのようなスポーツの一つにグラウンドゴルフがあります。

 

グラウンドゴルフは1982年に鳥取県の旧泊村で誕生したスポーツです。

 

生涯スポーツ推進事業の一環として考案されました。

 

身近にある学校のグラウンドや公園、広場などの広いグラウンドで気軽にできるスポーツとして、今では認知度も高いスポーツとなりつつあります。

 

ここでは、このグラウンドゴルフがどのようなスポーツなのかについて解説いたします。

 

 

グラウンドゴルフとは?

 

 

グラウンドゴルフは、クラブでボールを打ち、ホールポストにボールが入るまでの打った回数を競うスポーツです。

 

予めコースが定められたゴルフやパークゴルフとは違い、コースを設置する場所さえあればどこででもプレイすることができます。

 

コース設置も簡単で、規格にそってスタート位置を決めるスタートマットとホール(カップ)に当たるホールポストを置くだけでコースは完成します。

 

そのため、ゴルフのように穴を掘る必要もないので、準備はとても簡単にすることができます。

 

ルールも基本的には年輩の方から子供まで誰でもプレイすることができるように、それほど複雑なルールは定められておらず簡単なものとなっています。

 

そのため、初めてチャレンジする場合でもプレイを楽しむことが出来るようになっています。

 

時間の制約がないのも特徴で、一緒にプレイする人の経験や技術具合、参加人数などにもより時間は大きく変わるのも特徴だといえます。

 

 

グラウンドゴルフの歴史

 

グラウンドゴルフは、気軽に楽しめるスポーツとして人気があります。幅広い年齢層の方が楽しめるスポーツなので、高齢者の方々も何人か集まってグラウンドゴルフを楽しむなど、日常生活の中でコミュニケーションを取りながらできるスポーツです。

 

 

グランドゴルフは1982年(昭和57年)に当時の文部省の生涯スポーツ推進事業の一環として鳥取県の旧泊村で考案されました。

 

最近もかなり人気があるスポーツです。グラウンドゴルフの特徴として、高度な技術を必要とせず、しかも全力を出す場面と、集中力や調整力を発揮する場面がうまく組み合わされているので、ルールもごく簡単ですし、初心者でもすぐに取り組めます国内だけにとどまらず、現在では北東アジアを中心に、普及しつつあります。

 

1984年7月27日には、南部忠平氏を筆頭として日本グラウンド・ゴルフ協会が設立され、現在に至ります。

 

 

グラウンドゴルフのコース

 

グラウンドゴルフのコースは、外周で必要となる広さ以上のグラウンドがあれば、任意の場所で設置することができます。コースは回の字の形につくります

 

内周は長辺25m、短辺15m、外周は長辺50m、短辺30mで構成されます。この長さを確保できる場所があれば、プレイはどこでもすることが可能です。回という字の形ですので、同じ長さが各2ホール、合計8ホールで構成されます。

 

 

グラウンドゴルフは、どこでもでき、規格化されたコースを必要としないため、かなり愛好家が多く、プレーヤーの目的、環境、技能などに応じて、運動場、河川敷、公園、庭などどこでも、自由にコースを設定することができます。

 

準備も簡単で、ゴルフのように穴を掘る必要がなく、スタートマットとホールポストを設置するだけです。

 

ルールがきわめて簡単で、一度プレーすれば覚えられ、ゲームの時間が決まっておらず、時間の制約もなく、技能の水準や仲間の数、あるいはコースの特性に応じて、プレーを楽しめる自由なスタンスになっています。

 

グラウンド・ゴルフは1人、あるいは場所さえあれば一度に何百人もの人がプレーを楽しめますし、ゲーム中の審判はプレーヤー自身が行うので、難しくなく楽しめるスポーツです。

 

 

国内だけでなく、北東アジアを中心に、海外にも普及しており、高度な技術や多くの体力を必要とせず、一方で集中力や調整力を発揮する場面がうまく組み合わされている点がグラウンド・ゴルフの特徴で、継続してプレーできる秘訣とも言えます。

 

このような手軽さが、グラウンド・ゴルフの拡大の背景にあります。

 

グラウンドゴルフ 発祥の地

 

1982年に湯梨浜町(旧泊村)で誕生したグラウンド・ゴルフは発祥しました。

 

泊村(現在の湯梨浜町)の教育委員会が、国の協力を得て、グラウンド・ゴルフのルールを開発。翌年には、泊村、鳥取県、日本で協会が発足し、瞬く間に全国各地に広まりました。ルールが簡単で、特に高度な技術を要しないことから、子どもから大人までだれでも楽しめるスポーツとして普及しました。

 

当時、泊村では高齢化が進み、健康づくりを重要課題としていたため、文部省(現:文部科学省)の補助事業採決に向けて宮脇三巳村長が国や県へ奔走し、昭和57年に泊村は指定を受けました。そして、教育委員会を中心に、高齢者にふさわしい新スポーツの開発に取り組むことになったのです。

 

 

考案組織は泊村教育委員会ですが、企画や原案作成の際は鳥取県内外の14名の学識経験者による専門委員会が、実践活動には村内の老人クラブ連合と体育指導委員(現:スポーツ推進委員)の皆さんが、多くの協力を寄せてくれました。

 

グラウンドゴルフは、ゴルフ場に行かなくても、地域に密着している学校の屋外運動場(グラウンド)でもできるスポーツをイメージし、「いつでも」「どこでも」「だれでも」できるスポーツを目指し、かなり多くの愛好家がいます。

 

発祥の地が泊村(トマリソン)であることを後世に残すため、「ホールポストの中にボールが静止した状態をトマリという」とルールに明記しました。

 

開発から1年を経過したばかりの昭和58年7月、泊村、鳥取県、日本グラウンド・ゴルフ協会が次々設立されました。

 

 

1993年(平成5年)、湯梨浜町(旧泊村)内の日本海が一望できる丘に、グラウンドゴルフのふる里公園「潮風の丘とまり」が整備され、公園には、グラウンド・ゴルフの専用コースが三つ設けられました。コース内容は、日本海に突き出た岬コース、鳴り砂の浜が一望できるインコース、公園の全景が見渡せるアウトコース、それぞれ天然芝8ホールのコースです。全国大会も含め年間200の大会が開催されています。

 

 

グランドゴルフ競技人口

 

グラウンドゴルフは、全国各地に普及しており、かなりの競技人口になっています。

 

現在では、日本国内の愛好者が300万人を超える国民的スポーツに発展しました。

 

湯梨浜町では、2015年から、健康と友情の輪をさらに広げようと、海外への普及に取り組んでいます。

 

最近はグラウンドゴルフの競技が簡単なことから、小学生のスポーツとして注目度も高まっています。2006年(平成18年)から、若い世代への普及を図り、主に小学生を対象にジュニアグラウンド・ゴルフ発祥地大会を開催しているため、かなりの方がグラウンドゴルフを楽しむようになりました。

 

大会は夏休み中に開催され、大会の翌日には日本海を満喫できるイベントが用意されるなど、思い出づくりに最適です。

 

グラウンドゴルフは、海外でのPRもさかんに行われ、2015年(平成27年)から海外での普及活動を実施。政府機関やスポーツ関連団体などを訪問しています。

 

さらに、各国で開催される国際大会に選手を派遣したり、代表者会議に参加したりして、交流を深めています。今後、もっと競技人口が増えていくのは確実でしょう。

 

 

 

グラウンドゴルフは、ルールも簡単ですし、プレー内容も手軽にできるから、幅広い年齢層の方が楽しめるスポーツです。高齢者の方から小学生のジュニアチーム、海外でも普及が進んでいますし、今後はもっと需要が増えていきます。

 

グラウンドゴルフのコンセプトは、ゴルフ場に行かなくても、地域に密着している学校の屋外運動場(グラウンド)でもできるスポーツをイメージし、「いつでも」「どこでも」「だれでも」できるスポーツなので、気軽に楽しめて健康的に過ごすことができます。

 

公園などへ集まって多くの方がグラウンドゴルフを楽しむなど、日常生活の中に取り入れやすいスポーツですし、コミュニケーションを取りながらできるので、高齢者の方々も気軽に取り組める内容になっています。準備もスタートマットとホールポストを設置するだけですし、ゴルフのように穴が必要になることはないので、すぐできるスポーツです。

 

ゲーム中の審判はプレーヤー自身が行えますし、高度な技術がなくてもできるグラウンドゴルフです。

グラウンドゴルフの競技人口とは?

グラウンドゴルフは、全国各地に普及しており、かなりの競技人口になっています。

 

現在では、日本国内の愛好者が300万人を超える国民的スポーツに発展しました。

 

湯梨浜町では、2015年からグランドゴルフをさらに広げようと、海外への普及に取り組んでいます。

 

最近はグラウンドゴルフの競技が簡単なことから、小学生のスポーツとして注目度も高まっています。

 

2006年(平成18年)から、若い世代への普及を図り、主に小学生を対象にジュニアグラウンド・ゴルフ発祥地大会を開催しているため、かなりの方がグラウンドゴルフを楽しむようになりました。

 

大会は夏休み中に開催され、大会の期間には楽しめるイベントがが用意されるなど、思い出づくりに最適です。

 

グラウンドゴルフの海外のプロモーションも行われており、2015年から海外での普及活動を実施。政府機関やスポーツ団体などなどを訪問しています。

 

さらに、各国で開催される国際大会に選手を派遣したり、代表者会議に参加したりして、交流を深めています。これからさらに競技人口が増る事が期待されています。

 

 

グラウンドゴルフは、ルールも覚えやすく、道具も手軽なのでパークゴルフなどと比べて手軽にできるから、幅広い年齢層の方が楽しめるスポーツです。高齢者の方から小学生のジュニアチーム、海外でも普及が進んでいますし、今後はもっと需要が増えていきます。

 

グラウンドゴルフのコンセプトは、ゴルフ場に行かなくても、地域に密着している学校の屋外運動場(グラウンド)でもできるスポーツをイメージし、「いつでも」「どこでも」「だれでも」「どんな年齢でも」気軽に楽しめてプレーする事が出来ます。

 

 

専用のグラウンドに多くの方がグラウンドゴルフを楽しむなど、わざわざ遠くに行かなくても取り入れやすいスポーツですし、コミュニケーションを取りながらできるので、高齢者の方々も気軽に取り組める内容になっています。

 

始めるのにスタートマットとホールポストを設置するだけですし、ゴルフのようコースに穴をあける必要がないので、手軽にできるスポーツです。ゲーム中の審判はプレーヤー自身が行えますし、技術も習得しやすいので初心者でも始めやすいスポーツです。