グラウンドゴルフおすすめのボールとは?

グラウンドゴルフでおすすめのボールとは?


グラウンドゴルフは国内で300万人がプレーする人気スポーツです。

 

ゴルフなどクラブを利用するスポーツの中ではホールの距離が短いのでボールによってあまりパフォーマンスの差が出ない気がしますがコースの種類が多いのでボール選びはコースによって考えるのも良いと思います。

 

一般的なグラウンドゴルフのボールの重量は92〜94gになります。 軽量ボールはそれより3〜10g程軽量なものを軽量ボールとして販売させています。

 

 

 

グラウンドゴルフのボールの構造に違い

 

グラウンドゴルフのボールには中空構造(中空2層、中空3層)の2種類の中空構造のボールがあります。
中空ですので打った時に変形して、変形が戻る力でボールの飛距離を出します。

 

構造が複雑になると弱く打った感じは柔らかく、コントロール重視で、強く打った場合は反発力に強い中のコアで距離を出せる背反したパフォーマンスを両立させることが可能です。

 

また、重量配分が外側なのでより転がりやすくなり距離を稼げる構造になっています。

 

中実構造のボールにも、中実2層、中実3層のボールがあります。中が詰まっていますのでボールのひずみが少なく耐久性に優れています。

 

ゴルフと違い、コースでも芝から土など多くのコンデションの違いがありますボールを選ぶのはいくつかのポイントがあります。

 

1.グラウンドゴルフのコースの違い(天然芝・人工芝・土など)
2.天候の違い(湿っている時は距離が出にくい)
3.一緒に回る人のボールと区別しやすいボールにする
4.自分の調子

 

 

ボールの種類は高反発・低反発・軽量タイプがあり

 

高反発ボール|グラウンドゴルフ

 

反発係数の高い素材で出来ていますので、距離が長いコースに有利なボールです。

 

ある程度パワーがあり距離を出したい場合は、高反発のボールを選んで下さい。
金額もそれなりですが、反発が大きいので少ない力で距離を出すことが出来ます。

 

芝やあまり転がらない土のコースに向いているボールです。

 

低反発ボール|グラウンドゴルフ

 

男性向けのボールで短い距離のコースでコントロールが重視される場合は低反発ボールが有利です。またコースが転がりやすいい、人工芝や硬い土のコースでコントロールをした男性はコースの場合は低反発ボールを使ってください。

 

軽量ボール|グラウンドゴルフ

 

どちらかというとパワーに自信が無かったり天然芝のコースでプレーする場合は軽量ボールがお勧めです。

 

 

天然芝など距離を出したい時におすすめの高反発・軽量ボール

 

高反発ボールはボール自体にパワーがありますので、柔らかく沈みやすい人工芝でも距離を出すことが出来ます。
また、軽量ボールですが軽いので天然芝でも沈み混みが少なく、パワーがない高齢者や女性でもある程度の距離を出すことが出来ます。

 

また、柔らい土などのボールが走らないコースでも威力を発揮します。

 

しかし、軽い分直進性は劣りますので、荒れたコースで使用するとコントロールが失われる可能があるのがデメリットといえます。

 

一般的には乾いた土のコースは低反発ボールを使い、芝の場合は高反発ボールを使いのがセオリーになっています。

 

 

グラウンドゴルフではボールの見た目も大事

 

ゴルフとちがってグラウンドゴルフではカラフルなボールも多く発売されています。すこしお高くなりますがネーム入れボールも人気です。

 

また、半透明で中が透けて見てたり、センターラインや十字マークが埋め込んであるのでクラブを振る時に目印になったり、意外とパフォーナンスに関係する機能が
合ったりします。

 

また、外側にラインがあるボールなら自分のボールの回転が良く分かり、どうしてボールが曲がったのかなど練習をした時にも参考になるので初心者にはピッタリのボールです。

 

一緒ににプレーすにととかぶらない色やデザインにすることも大事なので、初心者の内はデザインや色で選ぶのも良いと思います。

関連ページ

グラウンドゴルフのおすすめクラブの選び方?
初心者向けのグラウンドゴルフの用具ガイドです。クラブなどの用具からウエアまで解説していきます