グラウンドゴルフとパークゴルフ違いとは?

グラウンドゴルフとパークゴルフの違いとは?

 

グラウンドゴルフとパークゴルフの違い

 

グラウンドゴルフとよく似たスポーツにパークゴルフがあります。

 

パークゴルフは、グラウンドゴルフができた翌年、グラウンドゴルフを知った北海道幕別町教育委員会の前原氏が実際に体験し、グラウンドゴルフよりもよりゴルフに近いプレイを楽しみたいという思想から、コース設計やルールを作成し考案されました。

 

ここでは、グラウンドゴルフとパークゴルフの違いについて、解説してまいります。

 

グラウンドゴルフとパークゴルフでのボールの違い

パークゴルフで使用するボールは、グラウンドゴルフで使用するボールの規格とほぼ変わりがありません。

 

そのため、見ても違いがない印象を受けます。ですが、パークゴルフ用のボールには、いろいろな条件が設定されています。

 

パークゴルフ用ボールの規格には、『直径60mm±0.5mm、重さは80g以上95g以下、合成樹脂製で、高さ100cmの位置から厚さ5cm直径16cmの鉄板に落とし、反発距離が65cm以下であること。

 

表面硬度は45から60、打った時の音が80デシベル以上であること。』と定められています。重さやサイズはグラウンドゴルフ用のボール規格でも解説したとおりで、ほぼ同じ条件になっていますが、それ以外の部分で多くの規制が設定されています。

 

その為、値段的にもグラウンドゴルフ用のボールが安く、パークゴルフ用は高くなっているという特徴があります。

 

 

グラウンドゴルフとパークゴルフでのクラブの違い

 

グラウンドゴルフとパークゴルフのクラブには、それぞれの協会が定めた規格があります。

 

パークゴルフ用については、86cm以下に規制されており、重さも重量が600g以下と規制されています。

 

ヘッドは木製が基本ですが、シャフトは、木材だけでなく、グラスファイバーやカーボンファイバー、アルミニウム合金などの使用も認められています。

 

グラウンドゴルフ用と比較するとパークゴルフ用クラブは値段の幅が大きく、高い物で10万円を超すものもあるのが大きな違いです。

グラウンドゴルフとパークゴルフでのコースの違い

 

パークゴルフのコースは、通常のゴルフ同様に固定式の専用コースを利用します。

 

基準では、1ホールは最長100m以下、9ホールまでの合計で500m以下、18ホールのコースの場合は1000m以下という距離基準で設計するように定められています。

 

グラウンドゴルフは規定の広さ以上のグラウンドがあれば、どこでもコース設置することができるのが大きな違いだといえます。

 

 

グラウンドゴルフとパークゴルフでのルールの違い

 

パークゴルフのルールは、基本的にゴルフと同じです。

 

そのため、ゴルフのルールを知っている方は、改めてルールを覚える必要はありません。空振りについては、スイングカウントはしません。

 

ホール手前でインしたことにすることはできず、ホールインするまで打つ必要があります。

 

 

グラウンドゴルフの場合は、スタートマットからホールポストに入るまでの打数の少なさで勝敗を決めます

 

その中でホールインワンが出れば、3打数を合計から減らすことができる特典があります。

 

空振りに対する1打罰はないものの、打撃練習を行うと1打罰加算されます。

 

また、OBや紛失の場合は、1打加えて、再開可能場所から再開させます。

 

ルール面では似ているようでもパークゴルフがよりゴルフに近いルールになっているといえます。

関連ページ

グラウンドゴルフの打ち方スタンス・グリップ編
グラウンドゴルフの基礎r的な打ち方や打法を解説していきます
グラウンドゴルフの打ち方・スイング編
グラウンドゴルフの基礎から細かい技術までを解説していきます。ここではスイングの方法を解説していきます
グラウンドゴルフのホールインワンの打ち方
2つの似通った競技、グラウンドゴルフの技術的な解説をしていきます。、ここではホールインワンの出し方を解説します。